先日、久しぶりに「ストリップ」なる単語が小生の耳へ飛び込んできた。

何年ぶりだろう?

新人だったあの頃、本当に何もわからなかったあの時代の単語だ。

写植、パンチ穴、ピンホール、etc

誰も発しなくなった言葉が頭をよぎる。

懐かしさと同時に改めて業界の変化に気づく。

年を重ねるごとに変化への順応が鈍くなり、価値観も保守的になってはいないだろうか。

もう無駄だ!じゃなくて

何か新しい事にチャレンジしよう!



あ、その前に幕下(膜下)は卒業しよう。


やっちゃん | コメント(0) | トラックバック(0)
6月に入り関東地方も梅雨入りし、どうも気分がスカッといかない日々が続くと

小生は蓮田を眺めに出掛ける事がある。

まだまだ葉も小さく弱々しい蓮ですが、雨水が葉の上をゆらゆら揺れていると

なぜか心が癒される。

幼い日、実家の廻りは一面蓮田。雨が降ると蓮を茎から折り、傘代わりにして家へ

帰ったあの日を思い出すからだろうか?

DSCN0057.jpg


あれから30数年の月日が過ぎ、こんな田舎でも少しずつ街の景色は変わったが

雨の日の蓮田の葉はあの時と少しも変わっていないと思う。



DSCN0058.jpg



茨城の赤坂停留所前は一面の蓮田。

一日数本のバスは真夏に咲き誇る蓮の華をいまか、いまかと待っている。


やっちゃん | コメント(0) | トラックバック(0)

年賀状

2010/06/11 Fri 18:08

こんにちは 印刷機オペレーターの○武です
今回はまだ6月ですが年賀状ネタをしたいと思います
でん六さんから「まだ早いだろ!!」って聞こえそうですが

イイんです

続けます

我が家の年賀状作り
毎年12月15日位

妻「そろそろ年賀状作ってくんない?」
○武「そうだねそのうちやっとくよ」

12月25日位

妻「年賀状できた?」
○武「仕事忙しくてまだ何もやってない」
妻「何やってるの?」
○武「仕事と忘年会で忙しいんだよ!!」
妻「!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
○武「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

             ↑は想像してください

毎年こんな感じです
なので今年からは会社にお任せしようと思います


意外とコストもかかるんです
○武家の場合

デジカメ


年賀状ソフト約 700円
インク 1000円×4本
ミスプリント 60円×約3枚

毎年5000円+○武の人件費がかかっています
そして怒られています

最初は好奇心で年賀状作りをしていましたが
もうそんな時代は終わりです


4200.jpg


今までありがとう我が家のプリンタ


「今年は仕事と忘年会に専念します」
仕事で年賀状は印刷するんですが・・・・・・・・・・・・

フチなしプリンタが発売されて数年が経ちました
○武家と同じ境遇の方沢山っしゃるのでは?
意外と大変な年賀状作りそろそろプロにお任せしても宜しいのではないでしょうか?
そして忙しい年末を少しでもスリムにしては如何でしょうか?

12月になったらどなたか再度年賀状のアピールお願いしますね


○武 | コメント(0) | トラックバック(0)
今や自宅にインクジェットプリンターがあるのは当たり前
会社にはカラーコピー機にスキャナーがあるのも当たり前

自宅や社内でデータを作り、簡単に印刷が出来てしまうこの時代。

自社で印刷出来るのだから、印刷会社にお願いするのはもったいない!
皆さんそう思っていらっしゃるでしょう。

 私は思うのです。

本当にそれで経費削減になっていますか?
コピーするたびに損していませんか?


ご自宅や自社で印刷する度にインクに用紙、買ってませんか?
さらにラミネーターを購入しフイルムを購入、便利な機器も多々あります。
買ってはみたものの使えな~い!なんてことしてませんか?
出力ミスもだれもが経験していることでしょう。

それでもやっぱり、自社で印刷出来るのだから、印刷会社にお願いするのはもったいない!
あれもこれも買えば全て自社で簡単に印刷ができて、経費削減!
皆さん思っていらっしゃるでしょう。

 私は思うのです。

本業以外のことで時間を費やすこともなく、
安くキレイに印刷する方法は印刷会社にお願いすることなのに、と‥


勿論、印刷内容によっては自社のコピー機を使用した方が経費削減になるのも間違いありません。

先日いらしたお客様のお話です。

自社でデータを作りプリントアウトし、ラミネート加工をしているお客様がいらっしゃいました。
お話を聞くと、データのミスで何度もプリントの出し直しをしているとのことでした。

 私は、自社でデータを作成できるのでしたら、1枚だけプリントアウトしてお持ちいただければ、
当社で印刷とラミネート加工をお引き受け致しますよ。と答えました。

お客様は助かると言って、喜んでくださいました。

用紙の無駄もなく、さらに印刷品質も良く、加工もキレイに仕上がり、
結果トータルすると安く仕上がる場合も多々あるのです。

様々な機器、材料や道具、なんでも揃ってしまうこの時代。

しかし、沢山の無駄があることも確かなのです。
ここまでは自社、ここからはプロに任せることが一番の
経費削減だと私は思うのです。


最近ではホームページをご覧になってくださった方からのお問い合せが多くなりました。
ぜひ、お茶する気分でお気軽にご相談にいらっしゃてください。
水星人(マイナス) | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |