焦げてないで〜す!

2018/07/09 Mon 09:32

こんにちは、今週はkaiがブログ当番です。__〆(..

先日は七夕!毎年7日は曇って天の川を肉眼で観察できませんね。
でも、7月13日が一番よく見える日らしいですよ。

さて今回は、レーザー加工機用の冶具を作ってみました。
加工物をベタ置きにすると、レーザーが反射し、加工物に焦げが出来てしまいます。

そこで役に立つのが、こちらのジグ!!

kai_1590.jpg

今までは、2X10mm角の木材を使っていましたが、
位置決め後のマスキング固定が大変だりしました。💦

今回この冶具により、格子状の網に差し込むことにより高さ4mm浮き上がらせることができ、
更に加工物との接点が極力小さくできます。


kai_1593.jpg

今回はテストなので、レーザーのレベルは調整しておりません。

左がベタ置き、細かい部分にレーザーの焦げが出来ています。

右が冶具置き。写真奥のような製品は焦げができやすいのですが、全くと言っていい程焦げていません。

ベタ置きでもレーザーの調整で焦げないようにできますが、
素材1枚1枚の調整に結構な時間をとられてしまいます。

この冶具を使うことによって、ほぼ焦げの無い製品を作成することが可能になりました。
kai | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示