FC2ブログ
「これ、渡すの忘れてたらしいんだけど・・・ 開けてみてっ!」

俺)「何?・・コレ?」

正月休みも終わり、クライアント様への年始の御挨拶も落ち着いてきた1月15日。

夕方近くで日も暮れ始め、営業先から戻ってきた俺にクリーム色の封筒が渡された。

相方は高齢で呆けてきた俺の父親を見舞いに実家へ顔を出した

その時に、俺の母親から手紙を渡されたらしい。

「ほら、お義父さんの古希のお祝いの時にみんなでタイムカプセルの手紙書いたでしょ?

おととしの11月末ぐらいに実家へ届いてたみたいだけど、今まで渡すの忘れちゃったらしいよ」


俺)「ふーん・・・」

宛名と差出人を見ると・・・・俺あて??

この汚い走り書きの様な文字は・・・間違いない・・・俺の字だ。

封筒の一番下の部分に  

つくば市制20周年記念タイムカプセル 

の文字が紺色のインクで印刷され左上の郵便の消印は 

29.11.30

その当時の事も、この手紙のことなどもすっかり忘れていたが

クリーム色の封筒の中身がすごく気になり、

本日営業先からいただいた見積り等の案件があったが

急いでクリーム色の封筒を開けた。

開けて中を覗くと・・・クリーム色の封筒よりもひとまわり小さい白い封筒が入っていた。

俺)「チッ、つーか、また封筒かよ」

今度の白い封筒には宛先は書いてなかったが、

裏面の差出人に

H19.10.21  古希の祝い 

それと出席者7名の家族の名前が書かれていた

古希の祝いってことは・・・親父が70歳の御祝いの時だから

・・・えーとっ・・ぅうっ

俺)「12年前か?」




つづく
でん六 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示